注文住宅のメリット

自分の理想に近づけることが可能です

注文住宅の一番のメリットといえることが、自分のこだわりをしっかりと反映させることができる点です。建売住宅の場合には、すでに出来上がっているものなど、間取りや外観などが決まっています。そのため自分が納得いく家を見つけることは難しいですが、注文住宅では違います。こちらはオーダーメイドで作ることができるので、間取りや外観、機能性などの自由度が高いです。しかしだからといってなんでもできるわけではなく、建築基準法などの枠内に納まる設計である必要があります。ハウスメーカーなどに相談する際には自分の条件などを提示して、スタッフと一緒にちょうどいいものを組み立てていきます。このようなことがあるので、注文住宅は満足いく家を手に入れられることが大きなメリットです。

予算を調整したり現場を確認したりできます

注文住宅の大きな問題になることがその価格であり、建売に対して高くなる傾向があります。しかし注文住宅の場合には、建築資材をある程度は自由に選択することが可能です。そのため住宅の骨組みやこだわりたい部分にはしっかりとした資材を利用して、特に重要でない場所や気にならない部分は安い資材を使うことができます。そうすることで予算の調整をすることができるので、担当者によく相談することが大切です。
また設計が終わってから家を建て始めるので、最初から現場の作業を確認することができます。注文住宅は値段が高いものであり自分の理想とするものなので、気になることは現場責任者に質問することが可能です。建設途中で気になることを聞くことができるので、安心できます。

設計事務所とは建物を設計してビルやマンション、家などの建築を業務にしています。また設計する建物の工事監視なども行っています。