ライフスタイルにあった建設方法を選ぼう

収納スペースを設置する場所は重要

スポーツの練習を定期的に楽しんでいる人や、キャンプや釣りに出かける事が多いアウトドア派の人は、収納スペースの設置場所にこだわってください。物置を収納スペースとして扱うのではなく、玄関から出入りできる土間収納を作っておく事をおすすめします。

物置は庭にも設置できるというメリットはありますが、荷物を取り出すために物置まで移動する必要があるのがデメリットになっています。土間収納であれば玄関から直通になっているために、キャンプやスポーツの練習などに出かける際にも、必要な荷物を即座に取り出す事が可能です。

土間収納に置いてある自転車に乗って、そのまま外出できるように玄関先にスロープを設置するような、移動のしやすさを重視した住宅デザインもおすすめできます。

ペットとの遊びやすさを重視した家作り

犬や猫などのペットを飼育している家庭が、注文住宅のデザインを考える際には、ペットにも居心地の良い住宅を作る事を重視してください。土地が狭かったとしても、屋上の一部をドッグランとして作る事によって、ペットが元気良く走り回るためのスペースを用意できます。屋上に人工芝を植える事によって、ペットにとっても居心地が良い空間を作る事が可能です。

毎日のようにペットを散歩に連れて行っている家庭は、散歩から戻ってくるたびにペットの足を洗うのが大変ですから、玄関前に足洗い場を作ってみてください。注文住宅だからこそ自由に足洗い場も設置できて、散歩中にペットの足に付着してしまった汚れを住宅内にまで持ち込まずに済みます。

狭小住宅とはごく狭い土地に建てられた戸建て住宅のことを意味し、土地の値段が高い都心を中心に注目されています。