夢のマイホームは、納得のいく家づくりをしたいものです。既に完成している建売住宅などもありますが、自分のライフスタイルにあった家づくりをするには注文住宅がオススメです。そこで注文住宅を立てる上での流れや、メリットとデメリットなどについてご紹介します。

注文住宅の建て方

注文住宅を立てる場合には、色々と手順を踏まなければなりません。高額な買い物となりますし、ほとんどの人は初めての家づくりとなるのではないでしょうか。そこで注文住宅の立て方についてご紹介しますので参考にしてください。

まずは土地探しから

すでに土地の上に建っている一戸建て住宅を購入する場合は、建売の一戸建て住宅購入になります。この場合は、土地がどうこう言うよりどんな建物なのかで購入する人は多いでしょう。しかし、注文住宅で家を建てる…

家の設計をハウスメーカーと行う

注文住宅は、生涯の中でも大きな買い物となるため、じっくりと住宅のイメージを考えたり、理想的な購入先を探したりすることが大切です。特に、注文住宅の施工事例の多いハウスメーカーは、一人ひとりの顧客の予…

家の設計をハウスメーカーと行う

増築を意識した設計にできます

いつかは両親を自宅に招いて、二世帯で同居する事になるかもしれないと考えた際には、ハウスメーカーと協力して注文住宅を設計する事を推奨します。ハウスメーカーと協力する事によって、後から増築を行う事を前提とした住宅デザインにする事も可能です。 増築のしやすさを基準に住宅を設計しておけば、増築のコストを大幅に抑える事ができて、二世帯住宅も簡単に作り出せます。ただ増築がしやすいだけでなく、耐震性を損なわずに増築ができるよう、住宅デザインを考えてもらえるのも、ハウスメーカーを頼る利点です。 注文住宅を建てる土地が狭かったとしても、三階部分を増築しやすいデザインにするだけで、将来的な増築の計画も立てやすくなります。

バリアフリー化の提案もしてもらえます

高齢になっても快適に暮らせる注文住宅を購入したい際には、住宅デザインをハウスメーカーに依頼する際に、バリアフリー化に関する相談をしておく事を推奨します。バリアフリー化というのは、ただ床の段差を無くせば良いというわけではなく、車椅子の方向転換のしやすさなども意識しなければいけません。 玄関をバリアフリー化できたとしても、玄関のスペースが狭いままだと、その場で車椅子が方向転換できずに不便に感じてしまいます。高齢者も暮らしやすい住宅デザインを完成させるためにも、ハウスメーカーのスタッフと相談をする事が重要だと考えてください。 玄関前のスロープの角度調整など、細かいところに気配りができるハウスメーカーを頼る事が重要です。

注文住宅なら満足のいく家が手に入ります

分譲住宅と違って色々な要望を聞いてもらえます。満足して長く住む。家が欲しいなら注文住宅が断然オススメです

戸建て住宅のメリットやデメリット

注文住宅のメリット

注文住宅の一番のメリットといえることが、自分のこだわりをしっかりと反映させることができる点です。建売住宅の場合には、すでに出来上がっているものなど、間取りや外観などが決まっています。そのため自分が…

注文住宅のデメリット

理想のマイホームを手に入れられるメリットがある「注文住宅」ですが、メリットがあれば当然、デメリットも存在しています。注文住宅において、デメリットと考えられるのが「入居できるまでの期間が長い」という…

ライフスタイルにあった建設方法を選ぼう

スポーツの練習を定期的に楽しんでいる人や、キャンプや釣りに出かける事が多いアウトドア派の人は、収納スペースの設置場所にこだわってください。物置を収納スペースとして扱うのではなく、玄関から出入りでき…